外壁塗装お役立ち情報

セラミック塗装

張替か上塗りか

張替か上塗りか 外壁に関しては、現在での事情ではサイディングを用いている住宅が圧倒的に増えていることが特徴です。
サイディングの場合では、耐久性に優れた外壁材として用いることができますが、それでも一定の年数が経過してしまうと、劣化を起こしてしまうことがあります。
このケースでは外壁塗装を行い、再度塗り替えを行う方法で、綺麗に施工することができ、住宅を新しく甦らせることができます。
しかし、人によっては外壁塗装の方法ではなく、張替かどうかで迷ってしまうこともあります。
サイディングの場合では比較的簡単に張替を行うことが可能ですが、古い資材を撤去する費用や、新しい壁材を施工する費用などを考えた場合では、コスト的には外壁塗装を行う方法にメリットを感じることができます。
張替を希望している方のケースでは、例えば単色カラーの外壁からレンガ調などのテクスチャーの付いた外壁に施工することを希望しているような場合に効果的に活用できると言うこともできます。
コストを削減する場合では外壁塗装を選択し、外観を大きく変える場合では張替を選択することが良い方法です。

外壁塗装の塗装と塗料

外壁塗装の塗装と塗料 外壁塗装で使用される塗料には、どうのようなものがあるのでしょうか。
まず、安価で塗りやすい、アクリル樹脂系のものがあります。
透明度が高く、耐水性や耐アルカリ性にも優れていますが、耐久年数が5~7年程度と低いというデメリットがあります。
このアクリル樹脂系には、アクリル弾性や溶剤系アクリル樹脂、反応硬化型アクリル樹脂エマルジョンなどの種類があります。
次に、ポリウレタン樹脂系のものがあります。
耐久年数は、7~10年程度です。
耐候性や耐水性、耐薬性にも優れていて、木材との相性がいいといわれています。
弾性型ポリウレタン樹脂や水性反応硬化型ポリウレタン樹脂などの種類があります。
最も一般的に外壁塗装で使用されているのは、シリコン樹脂系のものでしょう。
耐久年数は、12~15年程度です。
このシリコン樹脂系のものは、コストパフォーマンスの面からみても人気があります。
また、ラジカルというものもあります。
耐久年数は、14~16年程度です。
このラジカルという名前は、樹脂の名前ではなく、紫外線や水などから塗装の劣化を防ぐという所から来ています。
そのほか、耐久年数が15~20年程度のフッ素系のものや、紫外線と酸化チタンの反応による光触媒効果を取り入れた光触媒塗料、セラミック粒子が含まれる、遮熱・断熱塗料などがあります。

 
 
Copyright (c) 2016 外壁塗装お役立ち情報. All rights reserved.