外壁塗装お役立ち情報

サイディングボードについて

サイディングボードによる外壁塗装について

サイディングボードによる外壁塗装について サイディングボードはモルタルによる外壁塗装とは異なり安定した材料を使用した外壁を張付ける構造となっているため、材料の品質がよければ半永久的に長持ちする物として高い人気を誇っています。
また通常の外壁塗装とは異なり劣化が少ないため、変色やひび割れの心配がないことも人気の秘密です。
但し、このようなサイディングボードにもいくつかの注意点があります。
第一に複数のボードを結合して外壁を形成するためその結合部分をシーリングする必要があり、そのシーリング部分は劣化してしまうことや、住宅の形状に合わせてカットされていることからその部分から内部に水分が入り変形してしまう恐れがあることなどです。
劣化したり変形してしまうとその部分に隙間ができてしまい雨水などが入り込む恐れもあることから、定期的なメンテナンスが必要になります。
さらに変形の場合にはサイディングボードを交換する必要が生じてしまうことも有り、この場合には多額の費用が掛かることも有ることから注意が必要です。

スキン吹き付けを使った外壁塗装の特徴

スキン吹き付けを使った外壁塗装の特徴 小さな石の集合を糊の代わりにして、アクリル塗料を使い、吹き付けて行う外壁塗装の方法を「スキン塗装」と言います。
セラミック塗装とも言われており、石と石との間に隙間が出来るために通気性の良い外壁塗装の方法であるという特徴があります。
また、スキン塗装の耐用年数は、10年から12年程度と比較的長いでしょう。
また、紫外線に強く、断熱効果が高いということで、人気がある方法でもあります。
ただし、一方では他の塗装方法と比べると価格が高い傾向にあることや塗装を行う業者の中には悪徳業者もいるというリスクやデメリットもあります。
業者に作業を依頼する際には、メリットだけではなくデメリットもしっかりと把握し、信頼することが出来る業者に依頼することが大切になります。
作業について、分からないことや不安に感じることがあれば、その都度確認するとともに、アフタフォローについても確認をすることで後々のトラブルを防止することが出来ます。

 
 
Copyright (c) 2016 外壁塗装お役立ち情報. All rights reserved.