外壁塗装お役立ち情報

梅雨に塗装を行ってはいけない

梅雨に外壁塗装を行ってはいけない理由とは?

梅雨に塗装を行ってはいけない 外壁塗装は文字通り、屋外の壁の塗装なので、天候や空気の状態などの影響を大きく受けます。特に天敵とも言えるのが雨や湿気です。
塗料に雨水が混じればその分塗料が薄まってしまい、艶や色味が変わってしまったり、ムラができやすくなり、思った通りの仕上がりになりません。また、壁を塗装してから乾くまでの間に雨水が壁を伝えば、塗料が流れ落ちてしまいます。
降水量の多寡にかかわらず、雨が降っている時には外壁塗装を行ってはいけません。雨が降っていなくとも、空気中の湿気が高いと、塗料がしっかりと乾きにくくなるのが問題です。
表面しか乾いていない塗料の上から更に塗装すると、後になって一部が剥がれたり、ヒビが入るなどの問題が起きます。このように外壁塗装は雨一つだけで失敗しますし、湿気が高いと後々問題が起こる可能性が高くなります。
なので頻繁に雨が降り、慢性的に湿気が高くなる梅雨の時期は、最も外壁塗装をしてはいけない季節です。

外壁塗装に適した季節や温度は?

外壁塗装に適した季節や温度は? 外壁塗装をすれば建物を長く使えるため、工事をしておけば家を良い状態に保てます。ただ塗装をする時は適している環境があるため、そういう状況でないと上手く行きません。外壁塗装をする時は秋から冬にかけてがよく、その時期ならば安定して作業ができます。
なぜこの季節が向いているのかというと、気温がそれほど低くなく湿度も高くないからです。塗装をする時は気温が低すぎるとダメで、湿度が高すぎる場合も上手く行きません。塗った塗料を乾かすためには、ある程度温度が必要ですし乾燥した環境もいります。
そういう状況が整っているのが秋の終わりから冬で、この時期はよく外壁塗装が行われます。ただ塗装をするためには天気が良い必要もありますから、雨が降っていては作業はできません。季節的には気温がそれなりにあって、湿度も低い秋から冬の時期が向いています。
それ以外の時期でも天気が良ければできるので、向いている時期以外でも十分仕事はできます。

 
 
Copyright (c) 2016 外壁塗装お役立ち情報. All rights reserved.