外壁塗装お役立ち情報

セラミック塗装

光触媒のメリット・デメリット

光触媒のメリット・デメリット 新世代の外壁塗装の塗料として今注目を浴びているのが光触媒塗料です。この塗料の優れた点はセルフクリーニング機能があるということです。
紫外線があたると壁についた汚れを分解し浮き上がらせて、浮き上がった汚れは雨で洗い流されます。
メンテナンスの手間が省けるだけではなく汚れによる腐食や劣化を防止できる塗料です。また、カビや雑菌の繁殖を抑え悪臭の発生をカットします。
さらに、空気中に漂う排気ガスなどの様々な汚れを浄化する効果があり、建物にも環境にも優しい塗料です。
耐用年数はおよそ20年と外壁塗料の中では最も長く塗り直しの手間がかからないというメリットもあります。
一方、光触媒という性質上、土や無機質系のサビなどの汚れに対して十分な効果を発揮できない、日陰では機能性が薄れる、という弱点もあります。そして現状は価格がまだまだ高いという問題点もあります。
しかし、まだまだ歴史の浅い塗料です。
クリーンな環境にも貢献するという機能を有する光触媒塗料は外壁塗装塗料としてますます普及が進むでしょう。
そうなれば高価格というデメリットも近い将来なくなるのではないでしょうか。

セラミック塗装

セラミック塗装 セラミック塗料は外壁塗装でも比較的多く用いられる内容ですが、断熱効果の効果を改めて見ておくことが重要です。
耐久性がある壁には効果的であるため、場所を選んで行うのが現在は主流となっています。
またエネルギー量を吸収しやすい箇所は劣化が激しいという意味合いもあって、定期的なメンテナンスを実行する必要性が出てきています。
リフォームを行うという場合は、理想的な内容をまずはシミュレーションしていく行動が不可欠となるわけです。
外壁塗装の専門から詳細を聞くことで、セラミックを配合した塗装のメリットが見えていくようになります。それから外壁の技術は日進月歩しており、業者の意見にも違いが生じています。
心の底から信頼できるところに依頼することにより、長持ちするコストパフォーマンスに優れた外壁塗装が現実のものになるわけです。
セラミックの詳細を調べていけば、下地の段階から重要になるという部分も理解できるようになり得ます。

 
 
Copyright (c) 2016 外壁塗装お役立ち情報. All rights reserved.