外壁塗装お役立ち情報

シリコンとウレタンを比較

シリコンとウレタンを比較

シリコンとウレタンを比較 外壁塗装を行うような場面では、選ぶ塗料によって施工価格が大きく変わってくるので、専門家に相談しながら適切な塗料選びを行うことがおすすめです。
実際に外壁塗装で用いられることの多い塗料の種類に関しては、シリコンとウレタンを挙げることができます。
両者を比較した場合では、ウレタンは最も基本的な外壁用の塗料として用いられています。
あまり施工費用をかけたくないという方でも、一定の耐久性を維持したいと考えている場合に向いている塗料として選ぶことができ、耐久性に関しては約8年間程度になることが一般的です。
一方でシリコンの場合ではコストパフォーマンスに優れている塗料として現在では最も人気があり、おすすめになる塗料として挙げることができます。
耐久性に関しては約13年程度になることから、一定以上の耐久性を維持している塗料になります。
施工価格に関してはウレタンの場合では65万円程度、シリコンの場合では75万円程度になることが多く、耐久性や住宅の管理方法を把握した上で選択することが望ましい方法です。

水性と油性の違い

水性と油性の違い 外壁塗装に使われる塗料には、アクリルやウレタン、シリコン、フッ素などの種類があり、また水性と油性塗料に分けることができます。
外壁塗装は、液体を溶かした塗料を壁に塗った後乾かし、液体が蒸発することで壁に密着します。
その時に水で塗料を溶かした場合は水性塗料となり、シンナーなどの溶剤で溶かした場合は油性塗料となります。
希釈率はメーカーで細かく定められていて、塗り方や気温、天気などによって変わってきます。
昔は、溶解力の強いアクリルシンナーや、ウレタンシンナーなどを油性塗料の溶剤として使用していましたが、現在は弱いシンナーでも溶けるような、弱溶剤塗料と呼ばれているものを使用することが多いようです。
それからさらに開発が進み、シンナーを使わずに水で薄める水性塗料が出てきました。
最近では、人や環境に優しく、臭いが少ない水性塗料を使われることが多くなっています。
油性塗料は、高い耐久性と密着力が魅力で、寒い地域の冬場の作業では、固まりやすい油性のものを使うことが多いです。
外壁塗装をすることによって家の美観を維持することができ、また家の耐用年数が延びるので、住宅の資産価値が高くなる場合もあります。
また、外壁をフォローすると家は3倍長持ちするともいわれていますし、定期的に塗り替えをすることで費用を抑えることも可能です。

 
 
Copyright (c) 2016 外壁塗装お役立ち情報. All rights reserved.